スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水元お散歩トレーニング(2012.12.20)~散トレ納め~
2012年最後のお散歩トレーニング記事を、
2012年最後の日に必死で記録しております(汗)

記憶が薄れてしまうのが年々早まりつつあるお年頃なので
さっさと書き留めればよいものを…ねぇ。

夏休みの宿題を始業式前に慌ててやる小学生だった私は、
あれからウン十年経った今も変わらない性格なのであります(笑)

はい、今回は横道に逸れずにちゃっちゃと本題に入りますよ!

******************************************************

集合2
次々に皆さんが集合場所の中央広場に集まってきました。

集合1
奥に見えるのが「メタセコイアの森」です…1800本も植えられてるそう!

集合3
こんなに細いのにしっかり大地に根差して凛と立っている。
見てるだけで、自分の背筋もシャンと伸びる気がします…


************************************************************

前回は会場である水元公園に集合時間ギリギリに到着だったからか、
ずっと落ち着かないというか、引っ張りが酷かったぶん太…

今回は余裕を持って出発し、駐車場から集合場所までゆっくり匂い嗅ぎもして参加しました…が。
うーん、前回と興奮具合は変わらない、というか前回よりパワーアップしてる気が(汗)

なんでだろう…って思ってたんですが。
どうやら「水鳥の糞」があちこちに点在してるようでして、自己紹介や基礎トレを行う中央広場での匂い嗅ぎや拾い食いが激しい激しい。

自己紹介中も前半は落ち着きがなかったのですが、
やっとこさ後半はこんな感じで伏せて↓

自己紹介1


自己紹介2
何やらガジガジしてました。
(後頭部のモフ毛を引っこ抜きたい!)


***************************************************************

自己紹介後のチャーリーママさんからのお話は…

海外では、年齢別だったり犬種別、体の大きさ別(この辺りうろ覚えですみません)で分けてトレーニングすることが多いそうなんですが、

チャーリーママさんの散トレはそういった分け方をせず、吠える犬、突進する犬、いろんな仔が参加します。

また、散トレ経験の有無や長さも関係なくて、初参加の仔も経験の長い仔もみ~んなで一緒に歩きます。


例えば大きなワンコが苦手な仔がいたとして、小さい仔同士のクラスでトレーニングを重ねたとしても、近所での散歩で大きな仔とすれ違わなければならない場面も出てくるかもしれません。

いろんな仔がいて当たり前ですもんね。


私たち人間も同じですね。

泣いたりわめいたり、怒鳴ったり…いろんな感情表現をする人がいる。

肌の色もいろいろ。
いろんな言語を話す。

大きい人も小さい人もいて、
障がいがあって杖をついたり、車いすに乗ったり。

これって、ノーマライゼーションの理念と同じだと感じました。

ノーマライゼーションとは(Wikipediaより)

障害者と健常者とは、お互いが特別に区別されることなく、社会生活を共にするのが正常なことであり、本来の望ましい姿であるとする考え方。


そして今回…
トレーニング中にノーリードのワンコさんが入ってきたり、ワンコに触らせてくださいと声をかけてくる人など、さまざまな場面がありました。

ビックリして吠えたり、逃げ惑う参加ワンコさん…
最初は私も心の中で「んも~っ(怒)」って思ってたんですが。

だからと言って、頭ごなしに「ダメダメー」と排除(いやな言い方ですが)しても事態は好転しないですよね。

「リードをちゃんと着けてくださいね」とか、
「触られるのが苦手なので触らないでいただけますか」
「今はトレーニング中なので云々~」

って声をかければいいことなんですよね。

これって、トレーニングの場だけではなく、普段の散歩でもよく見かける風景だったりします。
(残念なことに我が家の周りでは、リード未装着でお散歩させてる人、公園外の普通の道路でも見かけます)

そんな場面に近所で出くわしても冷静に対応できるように、
そして冷静に説明できる飼い主力をつけるためにも、

トレーニング以外のいろんな人やワンコとの間で「特別に区別されることなく」いられる、チャーリーママさんのお散歩トレーニングって、いろんなことを学べる場だな~と。

年内最後の散トレで、とってもいいお話を聞きました。
当たり前の話かもしれないけど、私にとってはとてもズドーンと響く内容でした。

**********************************************************

さて、まずはやっぱり基本のキである「名前を呼んでオヤツ」
今回は3番目のバージョンを練習しました。

1番目、2番目バージョンの取り組みで、
名前=いいもの、の条件づけが出来上がっていれば、

3番目で「名前を呼んで動きながらオヤツ」の時にタッタカターと
ワンコさんが飼い主についてくるはず、です。


名前を呼んでオヤツ3番目@トミー
トミーくんこと、トミイチくん^^のデモ
いつもトミチチさんが一緒だけど、今回はトミハハさん一人で運転頑張った♪


名前を呼んでオヤツ3番目@トマちゃん
トマちゃんのデモ
ムットママさんの「トマちゃ~ん」と呼びかける声が明るくて、お互い笑顔なの♪


トマちゃん、この日は私にも笑顔でアイコンタクトもしてくれて嬉しかったです!!

***************************************************************

次はマグネット

デモをやらせていただきましたが、説明ができない!

「オヤツを磁石に見立てて、そうそう、と誘導しながら動かします」

としか言えなかった…。
マグネットの目的ってなんなんだ?と、今さらながら考えこんだ(大汗)


翌日、小麦のかぁちゃんが「小麦中毒」でマグネットをこのように解説していたので引用させていただきます(小麦のかぁちゃん、快諾ありがとう♪)↓

*****************************************************

「小麦中毒」より引用~

指先でつまんだおやつをワンコの鼻先にくっつけて、
(おやつとワンコの鼻を磁石に見立てて)鼻先を動かし、ワンコに動いてもらいます。

興奮する仔はゆっくりと
全身、特に後ろ足に意識がない仔には、後ろ足に意識を持たせるように。

体を柔らかくし、ウォーミングアップになります。
動きを体で覚えてもらうためで、決しておやつでつっているのではないんですよ。
動いて褒められ、動くことに自信を持たせるため。
つまり自発的な行動が出るように、支援しているんですね。

*****************************************************

そうか!自発的に動けるようにするためのウォーミングアップだったんだ!!

「マグネット=ルアー、誘導」

という言葉に惑わされていた自分に気がつきました。
オヤツでつっている、という考えはなかったけど、
このトレーニングの目的が飲み込めてないまま練習してました。

ただただ、自分の動きに合わせてぶん太がついてくることが楽しい♪
ドックダンスしてるみたい♪

…と楽しくやってたけれど。
そのトレーニングの目的をもっと深く掘り下げないと、と思いました(`-д-;)ゞ

**********************************************************

さて、基礎トレを行った広場から、バードサンクチュアリのある通称「ジャングル」へ向かいます。

ジャングルでは、前回なぜか「魚の頭を拾い食い」したウマウマロードでもあるので、
ぶん太さん、移動するとわかったらグイグイ引っ張りまくりデス。

だんだん陽も出てきて、汗がダラダラな飼い主。
ワクワク音符が全身から放たれてるぶん太♫

んもー、こうなったらトレーニングのチャンス!と気持ちを切り替えるしかない!!

・ぶ「引っ張る」→私「止める」→ぶ「え?と振り返って私のところに戻る」→タンタン(オヤツ)

・ぶ「引っ張る」→私「前傾姿勢の解除」→「おりこうさーん♪」

をゼイゼイ息を切らしながら繰り返す(汗)

もちろん、毎回うまくいくわけもなく。
名前を呼んでも戻ってこなくて、お仲間さんにSOS要請出しました。

遠く離れた人の群れに手を挙げて、「ぶん太ーって名前呼んでくれるー?」って頼んだら、小麦のかぁちゃんやkaoさんがぶん太の名前を呼んでくれました。

「お、俺様の名前、呼んでくれたーぁ?!」と、
さっきまでのグイグイな前傾姿勢はなんだったの?と疑うくらいの勢いで
スッタカタッタッターと、すんなり戻ってきた( ・∀・)

ってか、私を通り越してお仲間さんの元へ走って行く…
嬉しいような、悲しいような(笑)

お仲間の助けにホッとするも、呼び戻せない飼い主。
うーん、うーん、うーんo(;д;o)

*****************************************************

こちらは、なんとか「ジャングル」を抜け出した後の一枚↓

ジャングル後

ジャングル通過中の写真は一枚もナシ!
撮る余裕は1ミリもなかった…。


こむたんとトミー
トミーくん、これから「あ~ん」を実演!(実演中の写真がナイ;;)

本当に「あ~ん」って言うと、「あ~ん」って口を大きく開いてました^^
ぐわ~んと大きく口を開けたままキープできるって、本当にスゴイ!!

後ろにいるこむたんは、この日は「きのこ」のような出で立ち♪
いつもはぶん太が近くにいると、サッと飛び退いてかぁちゃんの後ろに隠れるようにしてたのが、今回はぶん太のお尻を追ったりしてくれて、なんだか嬉しかったな^^


こちらは年賀状の写真候補になったけど、飼い主の顔があまりにもパッパラパーなので却下になったショット↓

岩にジャンプ1

岩にジャンプ2
懸命にバランスをとっている^^;

岩にジャンプ3
だんだん安定してきた!(kaoさん、写真ありがとう♪)

*****************************************************************

またまた基礎トレをした広場に戻ってきたら、
一組ずつ輪の中央に出てきて、オスワリをしてみました。

トップバッターは…

ひなたくんオスワリ
ひなたくんとひなパパさんです!
この日もひなママさん不在での単独参加です~パパさん素敵です♪


もうね、みんなの前に出てきてオスワリするのを励ますみんなの声がね…
書いてる今もウルッとしてしまう。
あったかいんですよ。

自分の仔だけじゃない、みんなのワンコをみんなで励まし育て合う。
飼い主も励まされる。

その一つ一つの場面から目が離せなくなってしまいました。

*****************************************************************

解散後はソフトトレ♪

ニカッ
ポプラ並木を通り抜けたら売店だというのを覚えたのか、満面の笑みで歩く♪

私は…ソフトをやめて、前回から気になっていた「おでん」にしました!
結構たくさん入っていて、確か…380円でした^^

おでんトレ

食べ始めはこちらをガン見でしたが、最後にはまったり伏せていたのにはびっくりでした♪

が…!
散トレメンバーではないワンコさんが通った時にホエホエ&突進!!

私はおでん容器からつゆがこぼれないようにしつつ、ぶん太の名前を呼ぶが…
あぁ、つゆがぁーーーーーっ(゚Д゚)

とアタフタしていたら、小麦のかぁちゃんがすかさず
「ぶん太っ!」と呼んでくれたおかげで我に返った我が息子~

その隙に残りのつゆを慌てて飲んでいたら、また同じワンコに吠えかかるという(当然だ)

今、一番大事なのはおでんのつゆをこぼさないようにバランスを取ることではなく、
我が仔の吠えと突進を止めることだ!!
(皆さん、本当にごめんなさい)

あー、お仲間の声より飼い主の声に反応を返してくれるように、もう一度基本に立ち戻って考えなければ…ということをトレ中から放課後まで突きつけられた一日でした。

****************************************************************

というわけで、この日が2012年最後のお散歩トレーニングとなりました。

この日車中で何気なく聴いてきた Ms.OOJA が歌う「Be…」という曲の中の一節が、頭の中に浮かびました。

ありのままでずっと 笑って泣ける場所
本当はいつでも きっと…探してた


「笑って泣ける場所」って…チャーリーママさんとその仲間達が集う場所ってことジャマイカー!!って思って、ずっと歌いながら帰りました(車中でシャウトする飼い主がいるもんだから、ぶん太は心休まりませんねぇ)。

散トレ会場で直接出会う機会がなくても、ブログやツイッターで励まし合うことができ、いろんな人と「繋がる」ことができた2012年でした。

仲間同士は遠く離れていても、その存在が私を支えてくれました。

チャーリーママさん、お仲間のみなさん、ワンコたち…
本当にお世話になりました、ありがとうございました!

ブログの書き方を教えてくれたぶんちちにも感謝の気持ちを伝えておくよ。
(直接言うのもなんだかだからさ~)

あ、もちろんぶん太もありがとうね♪
学ぶ機会を与えてくれたのはぶん太の存在があったからこそ、だもんね。

来年もたくさん遊んで歩いて食べて寝て笑おうね~!!

皆さん、どうぞ良いお年をお迎えくださいヾ(=´∀`=)ノ

スポンサーサイト
Copyright © ぶん太@黒柴. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。