スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
稲毛散歩トレーニング①(2012.10.14)行きの電車通学~基礎トレまで
久しぶりにカートで電車に乗って稲毛でのお散歩トレーニングに参加してきました!

これは散トレ前日、約2か月ぶり?にカートに乗って慣らし中のぶん太↓
散歩の帰りなので、表情は穏やか♪

カートって楽チン♪
「たくさん走った後は、カートで運んでもらえるから楽チンなんだぜ!」

これは家に戻ってきて、カートの正面からパチリ↓

はよ出しとくれ!
「写真撮ってないで、はよ出しとくれよ!ムスっ(`Д´) 」

こちらは散トレ当日、散歩しながら駅まで約40分歩き、カートに乗り込んだ直後。
緊張しているのが前傾姿勢と耳の角度から伝わってくる↓

カートに乗って緊張…
「よっしゃー!次は電車だろ?」

↑久しぶりの電車、どうなるかな~と思っていたら。
①まずはカートに「ハウス」ですんなり乗り込む。

②次にお決まりの儀式化している、カートのファスナーを閉めた後の一発「キャン!」もナシ。

③そして駅の改札口通ってすぐ、私の朝ごはんをキヨスク?で買ってる間に自販機の前で待つ数分も落ち着いて待てている。

ヨーシ!イイコじゃないか♫

④朝ごはんも買ったし、ホームに降りて電車を待つ。
(この時、あんまり早くホームで待ちすぎるのも吠えを誘引している気がするので、ギリギリでホームに降りてます、あくまでも我が家の場合)

「まーもなくぅ、〇番線にー、のーぼり電車が参りますっ、白線のー、うーちがわまでぇ、お下がりくださいっ」って、変な鼻声みたいなマイク音がホーム中に響き渡る。

うっるさーい!と思っていたら…

「ウワワワワーンっ゙ヽ(#`Д´)」

…この久々のマイク音にびっくりして、鳴きわめいた!!
うちのおぼっちゃまの方が断然にうるさいッス!!
申し訳ありませんでした(。-人-。)

⑤そして、電車に乗ること約45分間。
こんな感じで私の足を隙間のネットに近づけて、外界との間をインターセプト。
インターセプトしつつ、「私はここにいるよ=安心」を足のニオイで伝える↓
(普段はもっと太腿をぴったりカートにくっつけてます)

電車内インターセプト

でも、上からかけた布で外が何も見えないのも不安みたい。
ちょっと隙間から見えて確認できるのがぶん太にとってのベスト。
この時は降りる直前なので私も安心して布を上にめくってますが、
いつもはもっと下に降ろしてます。
こんなにぶん太の表情は見えません。

(※外が見える方が安心な仔もいると思います)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

というわけで、行きの電車は乗る直前のホームでの吠えがありましたが…
車内では大人しく過ごすことができ、ホッとしました(v´∀`*)

次は有楽町駅から東京駅まで歩きます。
そして、JRTのてんちゃん家と待ち合わせし車に乗せていただきます。
てん父さん、てん母さんいつもありがとうございます+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。+

チャーリーママさんと、あけみさん&ガクちんも合流して稲毛へGOです!!


稲毛の集合場所風景~↓

ワラワラ~っと集合

駐車場脇の歩道部分で待ち合わせて、みんな揃ったら広場へと移動するのですが…
ここでの集合がなかなかハードルが高くて(・∀・i)

それぞれのワンコ、飼い主さんとの距離を保ちつつご挨拶、そして一般の方々ももちろん通行するわけで、リードを短く持って周りを見ていないと、集合時点からワンコラワンコラ合戦になってしまいます。

てんちゃん号を降りたその瞬間から散トレは始まっています。


そして「自己紹介タイム」

この日は伏せてる写真が撮れたぞ!!↓

伏せてまったり~

基礎トレ「名前を呼んでオヤツ」

「”名前を呼んでオヤツ”が、オヤツにアテンションになっていませんか?」というお話がチャーリーママさんからありました。

オヤツを持って見せて、名前を呼んだりしてないか?
(つまりオヤツでつっている、と言われる状態)
オヤツが「ない時」にも名前を呼んで練習してますか?

オヤツがないとプイッと向こうに行ってしまいますか?
日頃から練習していれば、オヤツがなくても名前を呼ばれたら飼い主のところにすっ飛んできませんか?

もしもすっ飛んでこなかったら…
また最初から丁寧に、コツコツと。
「名前を呼んで”無条件に”オヤツ」から取り組む…
ここからまた始めればいい。

日本はまだまだトレーニングというものに馴染みのない国なんだそうです。
でも、「トレーニング」って聞くとなんだかハードルが高そうな気がしますけど…
なにも難しいことはしなくていい、ただ「名前を呼んでアテンションがとれればいいんです」

散トレという場は「散歩トレーニング」という名称ですけど、トリックとか何か特別なことを学ぶ場ではなく「飼い主の実力を高め合う場」なんですね。

ワンコが対犬にガウっと行くのが悩みとか、それぞれいろんな悩みがあります。
でもそれは「犬の当然の要求」なのだから、その要求を出させないのではなく、

止められればいい

そのために、私たちはチャーリーママさんの元に集まって飼い主としての実力をお互いに高め合っていきます。


デモは「ガクちん&あけみさん」↓

「ガク」と名前を呼んでアイコンタクト中♪

この日はパパさん達の参加率が高く、15組中6人もパパさんが参加!!
「今日はこむひじのとぉちゃんが欠席だから、誰か他のパパさんがデモやらないかしら?」
なんてチャーリーママさん達と行きの車中で話していたのです…。

私は隣りにいたミミハナちゃんちのパパさんにラブラブ光線☆…イヤ違う!デモやっちゃいなよ光線をビームしたんですが、いきなりでしたからね~ダメでした^^
でもこの日のミミハナパパさん、音符が体中から出てたからね、次はやってくれるんじゃないかと期待♫

で!パパさん達がやらないのなら…と、こちらのパパ=にーさん=あけみさんがデモをやることに(笑)
ガクちん、あけみさんにピッタリくっついてずっとアイコンタクトとってましたね!
途中で気が逸れても「ガク!」と呼ばれてすぐに「あっ!」って感じでアテンション、素晴らしかったです♪

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

広場では基礎トレしつつ、それぞれチャーリーママさんに質問、日頃の悩みを相談したりして過ごしています。

こちらはシンバくん♪↓
お姉ちゃんワンコさんのスーランちゃんと、パパさんも参加でした!

シンバくん♪
「ハクナマタータ!」と言ってるかのような、キリリと男前シンバくん♪

なぜかチャーリーママさんと一緒にいるぶん太…↓
(ぶん太のリードをなぜ持っていただいてたのか、思い出せない^^;)
Cママさんと①Cママさんと②

Cママさんと③Cママさんと④

↑この時チャーリーママさんは、正面にいるシンバくんのママさんと踊りながら(いや、違います!)お話しています。
ぶん太はCママさんの一挙手一投足にジーッと注目。だって、踊りの振り付け覚えないといけないもんね(あ、だから違います!)

Cママさんと⑤Cママさんと⑥

↑チラッチラッとぶん太とアイコンタクトをとり、マグネットで動かしながらオヤツ、を繰り返していました。
でも、話している相手の方からも視線を外さない!

Cママさんと⑦Cママさんと⑧

↑ちょこんとお座りした時は、「あら、お座りしたのね」という感じでぶん太に合図を送っているのがわかります(上記右側の写真)。
「Cママさん、ボクのこともちゃんと見ててくれてるから嬉しい」

Cママさんと⑨Cママさんと⑩

↑しっかりシンバくんのママさんの目を見ながら話を聞いているけど、決してぶん太を飽きさせない!

これ、普段の散歩中にご近所さんと立ち話している時にやってみよう!と思いました。
もし、この時のCママさんが私だったら…
相手の方ばっかり見て話しに夢中になり、ぶん太のことは視野に入ってないでしょう…
(そういう時に事故が起きるんですよね;;)

ご近所さんとの話に夢中になってしまってる時、ぶん太は目の前を通るワンコだけでなく、ワンコ連れずに一人で歩いている単独の人にも吠えてしまうんですが、その時に応用できないかな~って思ったんです。

ま、一番いいのは立ち話せずにすぐ立ち去ればいいんですけど。
ちょっと最近どう?みたいな話くらいしたいじゃないですか?!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

基礎トレをした広場から別の広場まで歩きます。

そしたら、ぶん太ったらこんな顔して誘うんです~
「あっちに電車走ってたよ!」って↓

にぱっ♪
「ちょっとバックれちゃう?」コラコラ!!

…というわけで、次に続きますヾ(=´∀`=)ノ
スポンサーサイト
つくば散歩トレーニング(2012.10.07)
記事のアップが遅くなりましたが、
先週10/7、チャーリーママさんのお散歩トレーニングに行ってきました!

後期の一発目、しかも今日からチャーリードッグスクール3年生に進級
(3年生に無事進級できたかどうかは…?!ま、自称3年生っつーことで^^;)
する始業式トレなのでありました。

…とその前に小雨降る中、まずは公園の周りをグルリと散歩。
いやぁ~ここに来るまでずっと目が小粒だったのに(前夜、じーじ家に宿泊中から)
車を降りたら大興奮!!
ヒャッホ~を制御しきれない!!
でも、そんな嬉しそうな姿を見て実はホッとしてたんです;;

↓この写真がその時の笑顔♪(軽く集合場所で散歩してから車で雨宿り)

にぱっ☆
「やっぱ、みんなに会うとホッとするね」…それは私も同じ気持ちだよ;;

↓これが、じーじ家での浮かない顔^^;

久々のじーじ家
「じーじに会えてうれしいんだけど、なんか落ち着かないんだよ」


ぶん太は約2か月ぶりの散トレでどうなるか…ちょっと心配してました。
というのは最近、近所での散歩がもうホエホエだったのです。

目に入るすべての犬に吠える。
抱っこされてる犬にも吠える。
一番酷い時は、一人で歩いてる女子中学生にも吠える!!


だから散トレでも対犬、対人に敏感に反応したりしないだろうか?
との心配がよぎっていたのですが…。

…が!そんな心配は無用でした。
「ここはあれだね、俺様の大好きなチャーリーママさんに会えるんだよな!」
と、エロ柴の血が騒いだのかどうかはわかりませんが(笑)
(いや、集合場所でチャーリーママさんを見つけて興奮してました)
歩き出す前の自己紹介の場で最初から伏せていられたんです☆

これにはビックリ@@

前期も伏せることはあったけど、最初から伏せることはなく、
途中から伏せるものの、途中でウロウロ落ち着かなくなるパターンでした。

この日は両隣りにはじめましてのトイプーちゃん達がいましたが、
それでもリラックスしていられた…。

トイプーちゃん達の飼い主さん達もはじめましてなのに。
すごいね、ぶん太!!

(その時の写真を撮りたかったけど、私がカバンをゴソゴソすることで
伏せることをやめてしまいそうだったので断念)


そして、ここ最近の近所でのホエホエの話に戻りますが…
トレ前日、実家に泊まった時に近所での吠えの理由がハッキリとしました。

「自分のテリトリーでは吠えが出やすい」

実家の周りも我が家の近所同様に道路幅が狭いのですが、
相手のワンコさんがぶん太を見てハカハカしていてもスルーでき、
何匹かのワンコさんとすれ違いましたが、難なくスルーできたのです。

なぁ~んだ、テリトリーなんだから敏感になるのは当たり前じゃん!
って思うかもしれませんが、
これ、ある日突然スイッチが入ったように酷くなっていったんです。
いや、突然起きたように感じてるだけで(ずっと気づいてなかった飼い主…)、
それまでに前兆やきっかけはあったのだと思いますが。

この辺りの理由やここ二か月に起きたぶん太の変化について、
今ちょこちょこまとめているのでまたの機会に記事にしたいと思います。

(またの機会に…ってのが、やたらに多くないかね?)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

というわけで、この日は前夜から雨がジャンジャカ降っていて開始時間が2時間遅れに
なったにも関わらず、未だ止まぬ雨。
開始時間まで車の中で雨宿りしながら昼食を食べていたら…

ハクちゃんがチャーリーママさんと、ハク母さんのトイレ待ちトレ中だ!!
(車の中から撮ったので、フロントガラスの雨粒つきです)

早く帰ってこないかな~
「あ、母さんがトイレから出てきたよ」の時に、お口がニカっと開いた^^

ハクちゃん、母さんが帰ってくるまでワンともスンとも言わず、
母さんの行った方向にグイグイ引っ張ることもせず、とっても穏やかに待ってました♪

再会↓

ボク、おりこうで待ってたよ♪
この時のハク母さんの笑顔を隠すのがもったいないよー!!


この後まだ雨は降ったり止んだりでしたが、まずは自己紹介タイム。

自己紹介①
手前のママさんに抱っこされているのが、散トレデビューのトイプーちゃん「アンジくん」


自己紹介②
右から2番目の「たまチリさん」の足が!!ほ、ほ、ほーそーすーぎーるー(笑)


自己紹介③
右側のママさんに抱っこされてるのがアンジくんのお友達、同じくトイプーの「ペコちゃん」今日が散トレデビュー
※アンジくんとペコちゃん、お名前が反対だったらゴメンナサイ!!


自己紹介ではぶん太に接する際の注意事項とともに、
今日の(今期の)目標をお話しました。

①大勢の犬、人がいる刺激の中でも飼い主にアテンションをとることができる

②興奮してもリラックスに導けるようにする



は、いつでもどこでも常に飼い主を見ていてね、ということではなく、

・こちらに注目してほしい時に集中して見ることができる
・名前を呼んだり、注意喚起の呼びかけに対して→こちらを見る→我に返れる
・他の仔が吠えているなど、首を突っ込みたくなる刺激の中でも→こちらを見て切り替える

…というような意味合いです。

というわけで、他の飼い主さんの目の前でお座りして「オヤツちょうだい」の視線を投げかけ中にわざと「ぶん太」とか「おいで」でこちらに呼び寄せる、ということもするかもしれませんが
ご協力をお願いします、とお話ししました。

これには、たまさんがご協力してくださいました。
ありがとうございました!
(んー、でもこれなかなか難しかったです;;)

は、興奮させないようにするのではなく、興奮してもすぐに我に返れればよいということで
①にもリンクしてくることなのですが。

これは、リラックスしている状態で…つまり家の中でリラックスできている時に
「リラックスできる言葉をかぶせる」などしながらトレーニングしないといけないのですが、
これがなかなか取り組めていません!反省!!

そういう普段からの下地作りができた上で、実際のトレーニングで練習するべきなのに
こんなこと目標にするなんて…書きながらなんだかお恥ずかしい限りです。

この日の興奮シーンは、
①チャーリーママさんに2か月ぶりに再会した時→飛びつく(防げなかった)

②自己紹介後、広場に移動して輪になりチャーリーママさんが第一声を発した時
(オレがデモやるぜ=チャーリーママさんの元に行ける!!の興奮吠え)

③城址公園に移動する時、けもの道を見て興奮→引っ張る(止まる→グッパーを試みるも、興奮抑えられず)

④解散場所で、一般のワンコさんが通る→激吠え(群れ以外の犬に早く気がつき、インターセプトすべきだった)


今後に向けて…
①はチャーリーママさんに限らず、他の方へも飛びついてしまうことがあり…
未然に防ぐには、声かけしてアテンション取りながらリードを真上にグッパーして
接触走性の解除をすればよいのか?

②うーん、これには思わず声を出して笑ってしまったのだが^^;反応を返してはいけなかった…。そして「ぶん太の勝手に物語」を崩すには?そして、吠えてもすぐに吠え止むことができればいいのか?(吠えてもCママさんの元に行くことはできない、を伝える)
それともここで吠えることがわかっているならば、こちらに注目させて吠えさせないようにすべきか?

③これは何がどうなったのか、急にスイッチが入ったというか。
ま、急に興奮してグイグイ引っ張ることはいつでも想定内なので、
やはり引っ張ったら→止まる→前に進まない を徹底すべきだった。

④もうこれはどこの散トレ会場や近所の散歩でも悩みのたね。
早め早めに気がついて対処するしかない。
そして、いちいち凹むがいちいち凹まない!!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

で、自己紹介が終わり、広場に移動すると雨も上がり…

あの遊具で遊びたい!
あー、あの遊具で思いっきり遊びたいよ!!by飼い主^^

ここで基礎トレを行いました「アイコンタクト3バージョン」

トミー家♪
なんなんだこの、素敵すぎる笑顔のトミー一家は!!
左は「オレもイケてるだろ!?」のひなたくん♪

親指と人差し指でオヤツをつまみ、ワンコの鼻先へ→それを飼い主の目と目の間辺りに引き寄せ→ワンコと目があった時をマーク→オヤツ

これはスムースにできるのですが…

飼い主の目の辺りから→腕を真横に伸ばす(拡げる)→思わずワンコはオヤツに注目しちゃうけど→飼い主とワンコの目があったらマーク→オヤツ

これ、最初はワンコの目が泳ぎます(笑)
でも、目が合ったら正解!がだんだんわかってくると思います。
ちょっと意地悪して、手を右に出したり、上に出したり…手旗信号みたいにやってたら
ぶん太が混乱して体をブルブルッとしてました^^;

そのシーンの一部始終をどうやらコーギー犬ガクちんの飼い主さん「あけみさん」に見られており笑われた!!(←勝手にリンクさせていただきました!)

ぶん太が混乱しないためには、例えば最初に右横に伸ばして目が合ったらタンタン
→上に伸ばして目が合ったらタンタン→最後にオヤツ
…って途中で正解のタンタンを出していたら、ブルブルしなかったかな?
タンタン=正解、だとわかっていれば、その都度オヤツをあげなくてもいいんだし。
今度はこれでやってみよう!

飼い主が歩く→ワンコついてくる→飼い主おもむろに止まる→ワンコも止まる
→飼い主を見上げて目が合ったらマーク→オヤツ

これ、私が混乱しました(笑)
というのは、私が止まったらぶん太も止まるんですけど、
こちらを見たり見なかったり…
うーん、こっちをぶん太が見てくれるまで私が「止まった状態で待ちすぎて」
ぶん太も同じく止まったまんま!

「何が正解なのかわかっていない」

チャーリーママさんにリードを持っていただいたら、いきいきとCママさんを見ている!
私との違いは何?
それは、Cママさんも「止まる」んだけど、ぶん太が自主的にこちらを見るように
Cママさんが一歩を踏み出すというか、少し動くことで上手にアイコンタクトを引き出している…うまく表現できないんですけど、
「こちらが待ちすぎない」「ダンスをするように誘う感じ」かなぁ?

クウカイくんとキララちゃん♪
高倉健似のクウカイくんも、こんな風にスリスリするのね^^

いいカホリ♪
ぶん太はこの藁のカホリを嗅いだら、ヒャッホーとグルグル走りをしました♪
ハクくんもこの後、匂いを嗅ぎに来てたよ^^

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて次の広場に移動。
その時に、チワワのジャムちゃんの妹、ララちゃん(4か月?)が散トレデビュー!!

ララちゃんデビュー♪
ジャムララ母さん、ソイヤソイヤーって踊ってる?!

こちらの広場での基礎トレは「マグネットで脚側にツイテ」

これはですね、言葉で説明するのが難しいので、
鼻血ブーを目指しているアズルークペアの動画を観ていただきましょう!(丸投げー)

(鼻血ブーの意味がわからない方は、ぜひアズアズさんのブログ↑をご覧ください♪)←またまた、勝手にリンクさせていただきました!



↑まずは左側で行っています。
アズアズさんがまだ何も言ってないのに、ルークはその場でクルリ♪
「まだだよ」なんてツッコまれていますが、
普段から練習をしているからこその反射的な動きではないでしょうか!



↑2本目の動画は右側で行っています。
1回目は少し後ろで座っているので、2回目は修正してもう少し前で座っています。
ちゃんすぐに修正できてる!!素晴らしい!!


このトレ翌日、自宅で自主練した時の動画です。↓



↑最終的なぶん太の位置が、私の足より前に出てしまってます。
もう少し後ろの位置で正解を伝えたい!



↑今度は正面から撮り直してみました。
マグネットで誘導している右手が飼い主の体から離れてしまってるので
ぶん太の最終形も飼い主から離れてしまっている。
(不正解なのに、クリッカーで正解の合図を出してしまってます^^;)



↑最終形が飼い主の体から離れたり、斜めになってしまうので
飼い主の右手は飼い主のお尻をかすめるように内側を通すことを
意識して動かしています。


そーしーてー!!
この動画を撮っていた「ぶんちち」が挑戦してみました@@

ちなみに…ぶんちちには脚側の説明を何一つしていません。
ただただ私がやっているのをカメラを構えながら見ていただけ。
「マグネット」とか「そうそう」とか何も知りません!



↑ぶんちちよ!なぜに回る!!(笑)



↑再挑戦!
ぶん太くん、首の運動ですか?!



↑だんだん、コツが掴めてきたかな!
最終形が離れているけどー!!

というわけで、脚側トレの今後の様子はまたアップします^^;

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、こちらの広場を後にして最初の集合場所へ戻る頃には、
それぞれのワンコさんとの距離もググッと縮まって歩いていました!

ミシェル家を見つめる男子二人…
仲睦まじいミシェル家を見つめるガクちんとぶん太♪

ララちゃんに注目?!
ララちゃんが入っているバッグに注目が集まっている!!

白眼ルーク♪
ルークちんの白眼に萌え~

ドヤ顔ガクちん♪
これからこのバッグに入って電車に乗るよ!byガク

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

というわけで、ドキドキの後期始業式トレが終わり、
課題をまたたくさん持ち帰ってきました!

課題がたくさんでうんざり?
いえいえ、やること満載で毎日が楽しいです♪
これ、ホントに!!

ワンコと一緒に何かに取り組むことがこんなに楽しいなんて~
2年前までは思いもしなったことです…

さぁ、この記事を書いてる数時間後には家を出発して
次なる散トレ会場へと向かっていることでしょう!
では、おやすみなさい☆
ぶん太って?その参 「飛びつきます」
じゃーん!群生する彼岸花の真ん中で写真を撮ってみました♪

モリモリ彼岸花!

というわけで、「ぶん太って?」シリーズ、続きます。

・飛びついてしまうことがあります(主にオヤツくれくれの要求飛び)。

…と、その前に。
ぶん太って「人が好き」だけど、「その人がどういう人か確認できるまでは怖い」

私も、「ぶん太がまた誰かを咬んでしまうかもしれないから、人に近づけたくない」

…と、行きたいけど行けないぶん太と、行きたいのはわかってるけど行かせたくない私^^;
という傍から見たら「んもー!イライラするっ!!」っていう画が容易に想像できると思います。

ご近所の「自称イヌ好き」オジサンには、こう言われました。
飼い主がそんなんじゃ余計に警戒するようになるよ、と。

あー、わかってます、わかってますともー。

でも幸いにして、チャーリーママさんの「お散歩トレーニング」に参加させていただくようになり、参加している他の飼い主さんからオヤツをいただくという経験を重ね、

「人ってそんなに怖くないね」

(いやぁ~それがわかってくれて嬉しいんだけど、ぶん太がオヤツもらう間すっごいドキドキしてんだよー)

「オレだってドキドキするけど、オヤツもらえるもん、みんないい人だよね」

(あぁ、そうですか、そうですか。腰引かせたままオヤツもらってる姿は滑稽だけどねー)

「あ、そう?腰ひけてる?そいつぁカッコわりぃから、ヒョイッと飛びついてもらってみることにするよ」

(えっ(-ε-〃)b゙ チッチッチッ)


…という会話があったかどうかは置いといて。
実は大きな声じゃ言えないんですが、ごにょごにょ

「飛びつくようになったことが嬉しかったんです!」

(あー、またまた皆さんごめんなさい!!)

しかも、大きな声じゃ言えないわりに、デカ文字の色つきだし( ゚ェ゚)・;’.、

今までの私だったら…誰かを咬んでしまうんじゃないかとビクビクしてた頃の私だったら、
ぶん太が誰かに飛びついて行ったら、リードをグイッと引っ張ってたと思うんです。
そんなことしたら…結構勢いつけて飛びつきますから、宙を舞ってひっくり返ることでしょう。

で、ぶん太の変化に喜びを感じつつも、やはり飛びつきはキケンです!!
チャーリーママさんにアドバイスをいただき、2012年の5月のお散歩トレーニングでは、

「ぶん太が飛びついたら、体を方向転換させてスルーしてください」
と、他の飼い主さん達にお願いをしてみました。

スルーをしてもらうことで、ぶん太はどういう行動に出るのか?

「余計に飛びつかないか?」
「せっかく人への警戒心が薄れたのに?」

…ってチラっと思わなかったわけではありません。

でも、「そんなことしたらかわいそう」とか、そういう思いはありませんでした。


で、具体的にはこんな感じでやってもらいました↓

①ジャ~ンプ!!
オヤツくれくれの飛びつき①

②アレ?(飼い主、ただ今回転中)
オヤツくれくれの飛びつき②

③スルー
オヤツくれくれの飛びつき③
※ドアがあるので後ろを向いたままですけど、このまままっすぐ歩き去ってもいいです

結果、どうなったか?

「スルーされたことで落ち着けた」

んです!
拍子抜け…な感じ。

そして、相手の方が背中を向けてもぶん太が落ち着いていたら、
(例えば、ぶん太がそっぽを向いてそこから離れて行ったり、匂い嗅ぎをしたり…)

その行動に「いいコだね~」と正解のマークをしてもらいつつ
オヤツをいただいて。


オヤツが欲しくて興奮して飛びついた

スルーしてもらう

興奮を断ち切ることができた

落ち着いた

正解のマーク(オヤツ)


「じゃあ、飛びついてもオヤツがもらえるとわかれば、飛びつきは直らないんじゃないの?」

という心配には及びません!

この日徹底的にスルーされたことで、ぶん太は落ち着き、
その後は飛びつきが格段に減ったんです。

特にこの日のトレーニングの後、参加者さん達とランチに行ったんですが
んまー、ビックリ@@
ぶん太ったら、
テーブルの下で伏せることができたんです!!
(いつもは伏せても一瞬です!ホエホエです!…ランチトレについてはまたの機会に)


そしてこの取り組みは、さらに副産物がついてきました!

「食事前の要求鳴きがなくなった」

「オヤツをもらう時に指にがっつくことがなくなった」

などなど…

これは「スルーされる」取り組みと同時期に

「食事前のソワソワ要求鳴き」にも取り組んでいたことと、

「私自身が慌てて行動すると、ぶん太も慌てる→指にがっつく」ことに気がついた時期が同じだったんです。
(この二つの具体的な取り組みについては、また後日~)

スルーされて落ち着けたことで、普段の生活の中でも落ち着けるようになった

「チャーリーママさんがいつも仰っている”すべてはリンクしている”ってこういうことなんだな」と実感できたのです。

そして、チャーリーママさんからこのようなメッセージをいただきました。

「(スルーされた後の)ぶん太君の表情には、イライラ感が一つもなかったのです。
むしろ、スルーしてもらって落ち着けた。人間に対する深いところでの信頼感を感じる全体の表情でした。
なので、これから皆さんにもスルーを遠慮することなく(ぶん太君に遠慮することなくです)お願するとよいと思います。

すべてはリンクしています
興奮や自己防衛の気持ちが落ち着けば、周りに過敏になることが薄れて行くと考えています」

…最後に。
ぶん太はスルーされて落ち着けましたけど、どの仔にも当てはまることではないそうです。
スルーされたことでイライラするとか、もっと飛びつくとか、そういう行動に出る仔もいるということ。

「そういう子でイライラするのはナイーブさんなので、イライラ咬みは多くは飼い主に向けて発せられます」
とのチャーリーママさんからのアドバイスを添えて、今回の記事は終わりたいと思います。

あー、またまた長くなってしまいましたが、「ぶん太って?」シリーズはまだ続きます…
えー!まだ注意事項があるのかよっていうツッコミは受けつけません!
注意事項だけじゃなく、”得意なこと”も取り上げたいと思ってま~すヽ(´∀`)ノ
ぶん太って?その弐 「人の動きに敏感で、唸りながら近づきます」
やっと涼しくなって、お散歩がしやすくなってきましたね♪

秋といえば彼岸花♪

実はこの記事…
下書きしてるつもりが「公開」になっていて( ;∀;)…
つい先日まではとっても暗~い文章になってたんですが…。

「どよよ~ん」

そんでもって、トップの写真もこんな感じだったんですが↓

ぼちぼちいこか
「ま、そういう時もあるさ~ぼちぼちいこかね」

やっぱりやめて、明るくいきたいと思います!!
(ちなみにぶん太とは全然関係ないことで、私自身の問題でした)
拍手を下さった5人の皆様、書きかけの記事に拍手をありがとうございました。
下書きになってることを教えてくださった方^^、ありがとうございました。


ということで、「ぶん太って?」の続きです。

・人の動きに敏感です(特に初対面の人)。
・自分から近づいて行っても、警戒・確認のための「唸り」が出ます。
・犬語がよくわからない犬です。


ぶん太って、自分から相手の人に近づいておきながら「ウー」って唸るんです。
怖いんなら近づかなきゃいいのにって思いますけど…
だからこそ、「この人、安全?」って確認したいんですね。

それがまた、聞こえるか聞こえないか微妙な小さな唸り声でして。
私が気がついてないことも度々…
後からチャーリーママさんに「あの時、唸ってたのよ」なんて教えていただいて
ギョッとしたりすることもありました。

そこでまずは、ぶん太が誰かとご挨拶する場面で、ぶん太が怖いなぁ~と感じているであろう場面を取り上げてみました(ぶん太だけでなく、多くのワンコさんに当てはまることだと思いますが、皆さんのワンコさんはどうですか?まぁでも、ここまで警戒しないよ、っていうワンコさんもいるかもしれませんが、あくまでもうちのぶん太の場合ですので、あしからず)。

最初は「挨拶の理想の形」

①こんな風にただ立っていてほしいはじめまして

この時の人の目線はワンコの目を見るのではなく、遠くを見るようにして視線を外し
しっぽの付け根あたりを見るといいそうです。
別に真正面を向き合わなくても、横を向いたりしててもいいってことですよね。

で、この時に相手の方がこうして自然に立っていると、
ぶん太は「自分から動いて」手の匂いや足元を嗅ぎに行きます…が、
まだ「警戒・防衛モード」が解けていないので、嗅ぎながら「ウー」と唸るのです。

唸られた人はビックリして手を動かしたりするかもしれません。
または、「唸らなくても大丈夫だよ、怖くないよ」なんて言いながら
頭をなでようとするものなら…ガブっとしてしまうかもしれません。

お、恐ろしい…(・∀・i)

②丁寧におじぎしなくていいよ
おじぎも怖い

で、次にぶん太が近づいていっても、こうやって覗き込むようにおじぎをすると
唸ったり、吠えたりします。

これ、ぶん太にとってはパーソナルスペースを侵されたことになるんですね。

まったく困ったもんだ…。
じゃあ、どうすればいいの?って思いますよねぇ^^;


③無理に挨拶しなくていいよ
おっかなびっくり

お互いに探り合って…
オヤツで緊張を解そうと…

でも、無理しておっかなびっくりでオヤツをくれなくても大丈夫です^^;
こんな時はオヤツをぶん太の足元にポーンと投げてくれると嬉しいです♪

いやぁー、それにしてもオヤツだけは食べたいんだからわがままなヤツだね^^;

④座ったり、手で迎えたりしないでいいよ
おいで~

だからって、ミュージカル俳優みたいに「おいで~」ってされても
「なにこの人?」ってヒイテしまいます^^;

ぶん太が怖がってるとわかって座ってくださる方もいますが、
かえって怖いようです。
覆いかぶさってくるような気がするんでしょうか…

座っても、かくれんぼしてるみたいに膝に顔をつけて
チンマリと丸く小さくなってお尻を向けたりしてくれると
安心するようです(どんなポーズか、これで通じますかねぇ?)。

ぶん太よ、飼い主に対してそこまで嫌がらなくてもいいぢゃん!
あぁ、このブログのために演技してくれてるのね?ね?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

以上のぶん太について、チャーリーママさんはこのように仰っています。

①「走り寄ってくる時に「ヴー」と唸るのは、警戒と防衛の唸りであると思います。
また、犬からすると威嚇である人間の行動、前かがみになる、腕を前に突き出す
歯を見せて笑うなどに対しても、まず警戒、そして自己防衛が働くために
唸りが出るのでしょう。」

そう、そうなんです、腕を前に突き出すについてですが、
匂いを嗅いでいいよと手をグーにしたり、
掌を上にして前に出したりする方ってすごく多いですよね。
私もやってました。

でも、ただ体の横に手をつけて(あ、気をつけをして、とかじゃないですよ!)
自然にしていれば、自分から匂いを嗅ぎにいきます。

体の前に手が出ることで、パーソナルスペースを侵していることになると思うんです。

②「パーソナルへの入り方に慎重になるべき仔だということで、それはどんな仔でも同じなんですけどね。どの位置に、どの速さでとか・・・
手が脅威であっても、どういう感じが脅威であるかはそれぞれなんですよ。
ぶん太君の場合は、手というよりもその人全部が信用できるかどうか、ではないでしょうか。
酷いことはしないよね?という確認の唸りと、相手を遠ざけたいための社会的な咬み
(口を広げて歯を当てるだけです、ただ人が手を引いたり動かすから、怪我が大きくなります)を出して自分を守る、という防衛本能でしょう。」

…これを読んですぐに思ったのは、手が脅威なのは、ぶん太ではなくて飼い主の私の方だったのかも…ということ。

もう誰かの手を咬ませてはいけない!と、いつでも緊張しているから、
相手の方に手を出されると(ただ匂いを嗅がせてくれてるだけで、悪気がないのはわかってるんです、わかってるんですよ…)心臓をギュッと鷲掴みされてるような緊張感が走ります(正確に言うと、走ってました…今はそんなに緊張しないでいられるようになりました)。

(でも、今でも「咬み」への意識はしっかりと頭の中にあります。これは一生涯持っていなくてはならないと思っています。だけど、それにがんじがらめに縛られることなくぶん太と過ごしていきたいと思っています)

そして、ぶん太が「酷いことしない?」と相手を窺っていると同時に、
私自身も「こ、この人、ぶん太に変なことしないよねぇ?」と不信感を持って見ているので、そりゃ、ぶん太も余計に緊張するわけです。

(あー、皆さんごめんなさい!!)

あ、私は唸ったり口を広げたりはしませんからね(*;゚;艸;゚;)


…さらに、パーソナルスペースへの入り方については、

③「近づく速さ、ですね。急な動きはNG、また真正面からもNG、真後ろもNG。
斜め横から、やや横向き、がいいです。」

これは文章にしてみると、なんだかイメージしにくいですが、
例えば私たちも、道を歩いている時にそばを歩いている人が急に近づいて来たり、
振り向いたら目の前に人が立ってたとか、曲がり角とか出会い頭で衝突しそうになって
びっくりしたことってありませんか?

そんな感じでワンコたちも急に周りの人間が動いたり、ワーワー騒いだりしたら
びっくりしますよね。

…でも。

ぶん太って、ワーワー騒いでいる人の方が安心してるように見えるんです。
なんか矛盾してますね。

というのは、例えば我が家に来てくれた友人は、
「うわー!ぶん太ー!!」ってな感じでワーワーキャーキャーしながら
玄関を入ってくる人が多いんですが(類は友を呼ぶ…って思った人、いますね^^)、
そういう人たちに警戒する様子は見られないんです。

基本的には「人が好き」、でも「どんな人なのかがわかるまで怖い」感じなのかな、
不思議だな~と思っていたんですが、チャーリーママさんが仰るには、

④「人が好きに見える犬…実は自分に対してキャーキャー言ってもらう、
言う人は好きと言うか安心と言うか。
だから私のように目を合わさない、声をかけない人間には警戒するんです。
ぶん太君もそうです。
そういう子に共通するのって何かわかりますか?
犬語が不完全なんですね。
だからこちらが使って、その子の中の犬語を引き出さなければいけないのです。
まずはそこ。で、次は、人のやること行動に対して過剰に反応しないように
辛抱していくことを教える、ですかね。」

…なるほど!
私もそうです、ずっとだんまり黙ってて何を考えてるかわかんない人には
警戒するかもしれません(だからって、唸ったりはしませんよ…ってしつこい?)。

う~ん、犬語が不完全だから、こちらが使って犬語を引き出す…
む、難しい!!

まずは私が犬語の勉強をしなくては!
一瞬一瞬の犬語を読み取ることも、私にはまだまだできていないな。
これはぶん太だけではなく、たくさんのワンコの動きを観察することで
身についていくものなのでしょうか。

「今のこの動きって、どういう意味だったの?」と普段から意識して見ていないと
スルーしてしまってるような気がするし、ぶん太が訴えていることに気がつかないでいる
ことって、実は多いんだろうな。

ぶん太の思っていること、嬉しいこと、イヤなこと、もっとわかり合えるようになったら
楽しいだろうな♪
ぶん太の表現に、私もボディランゲージを使って返事する、とか想像するだけで可笑しいけど楽しそうだ(。-∀-)ニヒ♪

今後の目標が、ここでさらにできてしまいました~

・犬を観察、分析するクセをつけて犬語を勉強する。
・人の動きに対して過剰に反応しないでいられるように
 →反応しても、リラックスに導けるように。


…ということで、まだまだ「ぶん太って?その参」も書きかけてるんですけど、
長くなったので、ここでひとまず休憩しよ~っと♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(。◕‿-)
Copyright © ぶん太@黒柴. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。