スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぶん太って?その壱 「触られることが苦手です」
こんにちは~♪
前回の記事「3年5か月振りの更新」ではたくさんの拍手コメントや
ツイッターからメッセージをいただきましてありがとうございました!!

過去に私たちと同じような道を辿ってワンコと接してきたという経験、後悔の思い…
涙しながら読ませていただきました。
皆さんからのメッセージを励みにこれからも前を向いて歩いていきたいと思います。

みなさん、ありがと~♪
「みなさん、ありがとうございます♪」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、やっと涼しくなってきたところでチャーリーママさん主催の
「お散歩トレーニング」(散トレ)も2学期を迎えようとしています。

新学期に向けて目標を立てていますが、その前に、うちのぶん太ってこういう仔で
こんなことが苦手ですっていうのを知っていただこうかなと思いまして。

散トレに参加するようになって、最初はぶん太のことしか見れない状態から
(いつ咬みが出るかわからないから、ぶん太のことしか見ていない)
少しずつ周りのワンコさん、飼い主さんの動きが見えてきて…
同じシチュエーションでも、ぶん太だったらこういう行動に出るのに、
他のワンコさんはこんなことするのか!みたいな新鮮な発見とか。

また今年の春に1か月間、チャーリーママさんにメールカウンセリングをしていただきました。
今まで断片的にしかお伝えしてこなかったパピー時からのぶん太への飼育方法を
洗いざらい告白し、今までやってきたことと、今のぶん太の苦手なこととを整理しました。
この告白(って大げさな^^;)が、今回ブログを再開する勇気に繋がってきたのだと思います。
最初にボタンを掛け違えたから遠回りになってしまったけど、軌道修正してみたら
「あぁ、ぶん太ってホントはこういう性格の仔だったんだな」ってことがわかってきました。

というわけで前置きが長くなりましたが…
チャーリーママさんからのメッセージも交えながらまとめてみました。

「あらためまして、ぶん太ってこんな仔です」

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

①「触られる」ことが苦手です。

・我が家に来た生後2か月の頃から、頭を撫でようとするとサッと頭を横によける仔でした。
・4歳半から、とにかくこちらから触らないを徹底しました。(ぶん太が寄って来ても)
・今では触ったりマッサージやブラッシング中にウットリした表情を見せてくれるまでになりました。但し、飼い主(あと、小さい時から知っているご近所さん)限定です。

※家に遊びに来る友人には触られても平気だったりしますので、リードの有無(リードのフラストレーション)が関係しているようです。リードがついていると、何か危険を感じる場面があったとしても「逃げられないという感覚から来る守り」に入ってしまうんですね。
(友人には予め、玄関入ったら飛びつくけど無視すること、触らないことをお願いしておきます。しばらくして落ち着き、触っても大丈夫だと判断したら解除します。)

②オヤツをもらった後に「触られること」は特に苦手です。

・「オヤツを食べながら、さりげなく触られる」→「親指にオヤツを挟んだ状態で、顎下を触られる」のを飼い主以外の人にやってもらっても難なくクリアできていたのでびっくり。どれだけオヤツ大好きなんでしょう!こんな感じです↓



・これは散トレに参加するようになって、たくさんの他の飼い主さんの手からオヤツをもらう、という経験を経てできるようになったのだと思います。何より、そんな風によそ様からオヤツをもらうシーンをドキドキしないで見ていられるようになった、私自身がリラックスしてその場にいられるようになったことが大きいのだと分析しています。

・ですが、「オヤツをもらった後に触られる」のは苦手です。
なぜでしょう…これは「もらったオヤツをとられてしまう!」と守りに入ってしまうからかなと思っているのですが、どうでしょうか?(↑上記の動画では、まだ完全にオヤツをもらっていません!)
・ぶん太が過去に咬みに至った経緯の一つは、「もらった食べ物を取られそうになると勘違いした時」と「私の手についた牛乳を舐めている最中に頭を触られた時」でした。
(ご近所さんの時は2回とも「不意に体に触られた時」でしたが…この「咬み」についての詳細は、また後日書きたいと思います)

・また、ぶん太は生後2か月でペットショップから迎えた仔なのですが、ぶん太の咬みの問題について、チャーリーママさんはこのように仰っています。

社会化の前期の問題でしょうね。噛まれ慣れていない(兄弟、親との関わり合いの不足で、辛抱できない)ということと食事、に関して欲が満たされていなかった、ということとがあると思います。絶対的に足りていなかったのでしょう。拾い食いもそこに起因すると思います。過去に戻ってやり直せませんので、遊びと日々の食事とで欲を満たしていきましょう。」

そして…

「犬を育てる時にはこの防衛本能をいかに出させないかがポイントなんです。いわゆる犬のしつけは、この本能をむしろださせて、犬を怖がらせてしまうんですよね。」

→はい…我が家はこの本能を出させるだけ出させてしまい、怖がりにさせてしまいました。
ぶん太が「怖いよー!!」と訴える最終手段が咬みだったのです。

※「触られる」ことに関しての今後の目標※

・今年に入り、散トレで顔馴染みの方に触ってもらうことも少しずつ取り組み始めました。
・リードがゆるゆるな状態でも、「モミモミ」とか「ナデナデ」という触られ方は苦手で
「さりげなく」とか「どさくさに紛れて」という感じで「タッチする」「サッと触れる」なら
大丈夫なことがわかりました。

→家の中では大丈夫でも、多くの人や犬がいるという刺激の中ではストレスが多かったり、
パーソナルスペースの広さも変わってくるのでしょうね。
それでも、無理のない範囲でここからステップアップして、

「とーちゃんとかーちゃんが側にいてくれるなら、他人に触られてもちょっとくらいならいいぜ」

にしていきたいな~というのが次の課題。
何年もかかると思うし、一生涯取り組んでいっても「触られるのはやっぱり苦手」でいい、無理に好きになることはないと思っています。それに、普段の散歩中に「触ってもいいですか?」と聞かれたら「触られるのが苦手なので触らないでください」って言うと思います。それでも「触られる」ことについて取り組んでいくのはなぜか?これについては、またいつかの機会に書きたいと思います。
(優良家庭犬普及協会での体験談と合わせて)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

…と他にもまだまだ盛り沢山なんですが、今日はここまでにしたいと思います。
他に「ぶん太ってこんな仔」としてお伝えしたいと思っていることは、
・人の動きに敏感です(特に初対面の人)。
・自分から近づいて行っても、警戒・確認のための「唸り」が出ます。
・飛びついてしまうことがあります(オヤツくれくれの要求飛び)。
・犬語がよくわからない犬です。

…などを予告して今日はもう寝たいと思います。
だって明日(もう今日か)は2学期初の散トレ@横浜なんです~
でも雨の予報。・゚・(*ノД`*)・゚・。

もしも決行なら、明日の目標は
「たくさんの犬や人がいる刺激の中で、私とコンタクトをとる」ことです!

あ、今日の記事を読んでいただいた後で、ぶん太ってこんなこともできるよね?とか(こんなことは嫌がられたとかでも)、今度会ったらこんなことしてみてもいい?などなどがありましたら、どうぞ書き込んでいってくださ~い♪
スポンサーサイト
Copyright © ぶん太@黒柴. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。