スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寿司屋のガチャガチャ
回転寿司で各席に設置してあるガチャガチャ。
それは厳密にはガチャガチャではありませんが、まさにガチャガチャのようなものなんです。
寿司を5皿注文するごとに画面の数字が回転し、数字が3つ揃うとガチャガチャのようなマシンから景品が転がり出てくるんです。
その名もびっくらぽん
そして、景品を1個ゲットしました! 出てきたのはピカピカと点滅するコマです。

寿司屋のガチャガチャ (2007/8/14)

お留守番していたぶん太のお土産に、そのコマを与えてみました。



こういう電気仕掛けのおもちゃは初めてなので、さすがにガブリとはいかず、前足や鼻で突っついたりして様子をうかがっていました。
結局最後までそんな調子で、あまりお気に召さなかったようです…

【今日の待受画面】
携帯の待受画面

 
夏休み最終日
9連休だった夏休みも昨日で最終日。
連日のお出かけで少し疲れてたので、最後は近くにある樹林公園に行きました。
近所にこんな大きな公園があるのは、本当に嬉しいです。

夏休み最終日(2007/8/19)

ぶん太はお座りをするとき、よくこんな感じのお姉さん座りになります。

夏休み最終日(2007/8/19)

なぜ道の真ん中でフセをしているかと言うと、前方からワンちゃんが近づいてきたからです。
ワンちゃんが近づいてくると、たいていこの遊んでポーズをとります。
遊んでくれるワンちゃんもいますが、素通りされてふられることもしばしば…。
犬の世界でも友達を作るのは、そう簡単ではないようです。

夏休み最終日(2007/8/19)

樹林公園は、こんな“けものみち”としか思えないような道もあって、自然な感じが好きです。

夏休み最終日(2007/8/19)

夏休み最終日(2007/8/19)

夏休み最終日(2007/8/19)

二人仲良く並んで休憩中。

夏休み最終日(2007/8/19)

セミの抜け殻がたくさん落ちていました。
まだまだ残暑は続きそうですが、そろそろ夏の終わりが近づいているんでしょうか。

大きな切り株があったので、ぶん太を乗せてみました。
悠然と構えているように見えますが、実は高いところに乗せられて、身動きがとれずにいるだけです(笑)

【今日の待受画面】
携帯の待受画面

 
神代植物公園
調布にある深大寺と神代植物公園に行ってきました。
新婚当時に住んでいた懐かしい場所です。
その頃、住んでいたアパートも覗きに行きました。大家さんにも会いたかったのですが、あいにく留守でした。
引っ越して出ていくときに、『子供ができたら見せに来てね』と言ってくれたのを思い出します。子供はいませんが、かわりにぶん太と会わせたかったです。
会えなくて残念…。

神代植物公園(2007/8/17)

ぶん太が生まれるずっと前の思い出の場所を、ぶん太と一緒に歩く。
なんだか不思議な気がします。

神代植物公園(2007/8/17)

神代植物公園(2007/8/17)

神代植物公園(2007/8/17)

神代植物公園(2007/8/17)

丘の上から元気に駆け下りてくるぶん太。

神代植物公園(2007/8/17)

深大寺の入り口でちょっと一休み。



この夏の休暇は、毎日のようにお出かけして充実した休暇になりました。
これもぶん太のおかげですね。

【今日の待受画面】
携帯の待受画面

 
荒川 in 秩父
一昨日、秩父の荒川沿いにあるオートキャンプ場、スプラッシュガーデン秩父 に行ってきました。
普段なら1時間半くらいで行ける距離ですが、さすがにお盆休みのこの時期、関越は渋滞しており、おまけに高速を降りてからも道に散々迷って、3時間半もかかりました。
しかもお目当てのドッグランには人っ子一人、犬っころ一匹もいない有様…。
しょうがないので、すぐ側のオートキャンプ場に行ったのですが、こちらも予約で満員。
でも、現地の人の好意で「川原で遊ぶだけなら駐車場に車とめていいですよ」と言ってくれました♪

荒川 in 秩父

先月、海デビューを果たしたぶん太ですが、今度は川デビューです。

荒川 in 秩父

やはり海の荒波の記憶が残っているのか、最初はかなり警戒していました。

荒川 in 秩父

でも、流れのない場所に連れて行くと元気に駆け回るようになりました。

荒川 in 秩父

荒川 in 秩父

荒川 in 秩父



この日の疲れで、次の日は人間もぶん太も一日中ぐーたらして過ごしました

【今日の待受画面】
携帯の待受画面

 
Copyright © ぶん太@黒柴. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。