スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自宅でケアできることが増えました♪

しょっちゅう病院に行っては耳掃除、爪切り、肛門腺絞りを

してもらっていましたが、

自宅でできるようになってきました!


************************************

「爪切り」



狼爪の爪切り、これはぶん父担当でした。

でも、今までは爪切りすると決めたら家中に緊張感が漂い(゚Д゚;)

ぶん太も察して警戒しかけてるところをそ~っと抱き上げてチョキーン!

→ぶん太大暴れ、ぶん父グッタリな一大イベントでした。


わ、私も爪切りできるようにならなきゃ・・・

と思いながらも何の対策も講じてこなかった私(>∇<;)

だけど一昨年だったか、ぶん父がなんでかわからないけど、

爪切りが急に怖くなったと言い出して。


でも、病院では立ったままの姿勢で獣医さんに切ってもらうこともできるし、

ぶん父に「ズルイ!」と言われてもやっぱり逃げて何もしてこなかったけど、


やっぱりこのままじゃ~イカン!と思って、まずはチョキーンって音がしない爪切りを購入

→まずは道具から入る人(・∀・)!!

いい爪切りは音がしないということが、病院で切ってもらってる時に知りました。


そしてその爪切りを見せて→オヤツ

爪切りを足に当てて→オヤツ

爪切りを手に持ってる時に、前脚を握って→オヤツ

前脚を握って爪切りを当てて→オヤツ

爪切りを狼爪に当てて→オヤツ


・・・と、コツコツ続けて、

いよいよ狼爪を切って・・・

1ミリ切れたか切れないかの超薄切り^^;

と、ここまではできるようになりました。

(ただし薄切り止まり^^;)


ぶん父も、仰向け抱っこしないで立ったままの姿勢だと

お互い緊張しないことがわかったので、

散歩から帰って足拭きする流れで、

玄関のたたきでチャチャっと切れるようになった!


私とは違って薄切りではなく(笑)、もっと大胆に切ってるけど、

チョキンと音がしない爪切りのおかげで

ぶん太も「あれ?今なにかされたっぽい?」みたいなリアクションで、

切られた後の大暴れもなし!


一大イベントだった爪切りが、日常的なルーティンの中でできるようになりました。


************************************

「肛門腺絞り」


昨年11月頃から急に、肛門周りを舐めることが多くなりました。

単に痒くて舐めているのか、肛門腺が気になっているのかは不明。


食事を手作り食に変えたので、排泄の回数、量が減り、

自然と出てくる肛門腺の量が減ったことで肛門腺が詰まるようになったのか?

と思っていたのですが、アレルギーの仔は肛門周りを痒がることが多いので

一概にはなんともいえない、とアレルギー科の獣医さん。


痒くて舐めているうちに肛門腺が出てきてしまうようになったのかもしれないし、

原因はわからないけど、とにかく舐めてると臭いカホリが漂ってくる(-∀-`; )

とにかく絞ってスッキリさせてあげたい!


でもしょっちゅう舐めてるので、頻繁に病院へ行って絞ってもらわないといけない・・・

というわけで、肛門腺絞りをレクチャーしてもらいました。

以前、女医さんにもレクチャーしてもらってましたが、肛門に指を突っ込んで絞るやり方。

んー、ぶん太にやる自信がなくて断念してました。


そしたら、昨年秋から通い出したアレルギー科の獣医さんが、

ぶん太は指を入れて絞らなくても、肛門の外側を押せば出てくるタイプだと。

へぇ~2通りのタイプがあるんだ!知らなかった!


じゃあ私にもできるかな?と獣医さんがぶん太を保定して、

私が絞ってみたけど・・・硬くて絞れず。

コツがいるから難しいですよと獣医さん。


その後、自宅でも散歩から帰って足を拭く流れの時に絞ってみたけど、

な~んにも出てこない。

You Tube を観て研究してみるけど、うまくいかない。


ぶん父もYou Tubeで研究、代わるがわるぶん太の肛門を・・・(。ノдヽ。)

はぁ・・・うまくいかない。


ってな日々が続いていたのですが、ある時ぶん父が絞れるように!!

「硬いから力を入れて絞ってたけど、力じゃなかった!コツがわかった!」と。

あぁ~先を越された^^;


で、当のぶん太は
絞られても暴れず。

処置後に部屋中グルグル走り回って暴れることもない。

ただお尻を気にして舐めているけど、

これは病院で絞られた後も舐めているし。

お尻をいじられた違和感があるのは仕方ない。


まさか肛門腺まで自宅で絞れるようになるとは・・・。


************************************

「耳掃除」


相変わらず耳のマラセチア菌による耳掃除も月に一度は通院せねばならず、

こちらもやらなきゃやらなきゃと思いながら逃げてました。


ぶん太の耳は、病院で保定してしっかりと掃除してもらうと確かにスッキリしてますが、

耳の奥の方の汚れがちゃんときれいに取りきれてないのか、

すぐにまたマラセチア菌がムクムクとわいてきて耳が痒くなる、の悪循環。


アレルギー科の獣医さんの元で食事も完全に手作りにしてからは、

以前のように薬を飲むことが格段に減りましたが、

定期的に耳掃除していかないとダメなようです。

うまくつきあっていくしかないと思っています。


一生涯ケアが続くのなら、自宅でできた方がいいに越したことはない、

ということで、耳掃除はじめました←冷し中華始めました的な


やり方はアレルギーの獣医さんに教えてもらった「つけ置き式」

脱脂綿を耳に詰める→イヤークリーナーを注入→

→クリーナーが耳の奥まで染み渡るようにギュッと耳の外側で絞るように摘まむ

(この時に耳の根元をはモミモミしない、鼓膜を傷つけないようにする)

→このまま数分間ジーッとつけ置く・・・


病院では数十秒おとなしくしていたけど、

自宅でやるには?

一人が抱っこして、一人が脱脂綿詰めてクリーナー注入すればいいのか!

ってことで二人がかりで行う。


・・・が、ぶん太さん、抱っこなんかされて警戒しまくり、

すぐに耳を振ってあえなく終了でした(σ´д`。)


やっぱり爪切りと一緒で、抱っこして処置するのは緊張させてしまう。

なので十分なケアができない。


ということで。


爪切りと肛門腺絞りと同じように、散歩の流れから玄関のたたきで行ってみることに。

これは私担当で。


立たせたままだと、耳に脱脂綿詰めてる時点で耳を振ってしまったので、

やっぱり耳掃除だけは抱っこでの保定が必要、


左手で抱っこして、右手で脱脂綿を詰めてクリーナーを注入したりするので、

一度に片耳しかできません。


ですが、クリーナーを注入してそのままジ~っとしてる顔つきを見ると、

嫌がってる感がなく、むしろ気持ちよさそうにしています。


このまま何十分もこうしていられそうな気もする程だけど、

左手が重さに耐えられないので、2~3分で終了。


ビッシリとマラセチアがついた脱脂綿が玄関に飛び散ります(笑)

************************************

というわけで、ここ3か月くらいは狂犬病の注射以外で病院に行っていません。

自宅でできるようになったことは嬉しいのですが、

時々は獣医さんに体を触ってもらうことも必要かな~と思っています。


さて、私は薄切りすぎるので、もう少し爪切りできるようになりたい!

スポンサーサイト
ぶん太9歳になりました♪

8歳の誕生日記事から一年更新していませんでしたが…・・・(・∀・i)タラー・・・

2015年4月23日に、


ぶん太、無事に9歳になりましたd(*^v^*)b



誕生日から2週間以上・・・

ちょこっと書いては保存、写真を編集しては寝落ちてたりしましたが(笑)、

やっとアップできます。



9歳になるまでいろいろありまして。


一昨年に引き続き、昨年も東洋眼虫になったり、


アレルギーで毛がハゲるほどに掻き毟って、皮膚が赤くジクジクしてきたり。



耳や肛門腺の処置もあって、8歳の後半はしょっちゅう病院に通ってました。


こうして元気いっぱいに9歳を迎えることができて、本当によかったです・・・




ぶん太、いつも笑顔でそばにいてくれてありがとう~─ヽ(*´v`*)ノ─


9歳の誕生日プレゼントは特に何も用意してなかったけど、

一番喜ぶことって何だろうって考え、

誕生日当日に「大好きな人に会いに行くこと」をプレゼントしました♪


********


一人目育休から戻った獣医さん!


誕生日の朝イチに狂犬病予防接種を受けに行く。

約一年ぶりの再会、診察室に入ると耳ペッタンコで喜んでいるものの、

研修の獣医さんもいたからか?

いつもの突進はなく、出口の方に戻って帰ろうとしてた・・・


アレ?先生のことに気がついてない?(笑)


そんなシラ~っとしたぶん太を横目に、この一年の報告を。


その内容は長くなったので、別記事にしました


→「自宅でケアできることが増えました♪」を参照


自宅でできるようになったことが増え、


先生からお褒めの言葉をいただきました→特にぶん父ヽ(*´v`*)ノ



********


先生の声を聞いてるうちに思い出したのか、


先生が名前を呼ぶとキュウ~ンと鳴き出し、先生に撫でてもらってご満悦♪



注射もあっという間に終了!



一時期からこの病院の診察台に上がるとブルブル震えて台から飛び降りようとしてたけど、


この日は大丈夫だった。



一年間、他のアレルギー科の病院にかかってるうちに、イヤな記憶がリセットされたのか。



というか、病院で震えるようになってしまってたことをすっかり忘れてた私・・・


このブログを読み返して思い出した(笑)


やっぱり記録しておくことって大事なんだな~



でも、読み返したのが帰宅後でよかった。


「今日もブルブル震えちゃうかな?!」ってドキドキしながら待ってたら


ぶん太もソワソワ、ドキドキしちゃってたかもしれないけど、


この日はとても落ち着いてまったりと伏せたりして。



待合室が異様な混雑だったので、外で待っていた。


通りすがりの人やワンコにも吠えず。




でも、脚立を肩から下げてヘルメットかぶったおじさんが通った時に吠えた(汗)


ま、いかにも怪しげな恰好だったから、そりゃ吠えたくなるよねと思った。


一度吠えたらその後は「もうすぐ呼ばれるわよ~」と声をかけてくださった見知らぬおばさまにも吠え、


せっかくのご親切に平謝りだった(汗汗)




先生においで~って言われて嬉しくてそばへ寄りつつも、

注射も終わったし、やっぱり今日は帰るっス!なぶん太さん



何事もなければ夏に来院する相談をして(年に一度の血液検査)終了~


先生、またね~( ´ ▽ ` )ノ


********


病院から一度帰宅した後は・・・


二人目ピンクのおねえさん♪


に会いに行った!


ぶん太と一緒に旅行へ行こうと計画してた矢先、

赤ちゃんができたことがわかって旅行には行けなかったけど、

こうして今度は大好きな人の家族が増えて再会!




お母さんも一緒に来てくれて、みんなでお散歩してきたよ♪


お姉さんとの再会が嬉しくて嬉しくて、

しばらくは赤ちゃんとお母さんには全く見向きもせずでした(・∀・;)





ボクのこと、覚えててくれた?



小さい頃から会ってるからか、

このお姉さんには何もされても大丈夫なようです。




忘れてないよ!って~♪( ´▽`)


一年振りの再会に本当に嬉しそうに笑っていました。





赤ちゃん、初めまして~お互いに微笑みながら見つめ合う♡



最初は足の裏のニオイをチェック~

その後顔を覗き込んだり、クンクンしまくるのかと思っていたけど、

意外にシラ~っとしてました。

人形だと思ってたりしないよね?(笑)





お母さんも初めまして~まずは頭のニオイチェックから(*´v`*)


お母さんがとても自然にしててくれたのと、

お姉さんの家族だとわかっているのかな、

初めましての人なのに終始穏やかな空気が流れていました~





お、お母さんも面白い人ですねぇ(≧∇≦)


お孫さんをあやすように、ぶん太の相手をしてくれました♪

この日はとても暑くて、途中でぶん太に「ヤギ乳飲む?」と話しかけたら、

ぶん太と共にお母さんが「えー?ヤギのお乳?!」と即反応したのでビックリ(笑)

栄養状態がよくなかった小さい頃、お乳の代わりに飲んだことがあるそう・・・





たくさんイチャイチャさせてくれてありがとう'(*゚▽゚*)'


ぶん太の笑顔が見られて私も嬉しかったよ~

また会おうね♪


********


親子三人と別れた後、ぶん太とふたりきりでカフェに行くという試みを

9歳にして初めてやってみた!



三人目特別ゲスト~カフェに現れたおねえさん


今までは誰かしらが一緒にいてくれての入店しか経験がなく、

ホエッホエ~になることがわかってるので一人でカフェに行くだなんて

自分でもどうしちゃったんだろう~って今になっては思うんだけど、


この日は病院前で待ってる時から落ち着いて待つことができ、

もしかしたらイケるかも!行ってまえー!!という勢いもあった(笑)



でも、車で前を通りかかるとテラスには先客が…勇気がなくて一旦通り過ぎる。

さっきまでの勢いはどこ行った(^_^;)


Uターンして戻ってみると…ちょうど先客が帰るところだー♪

というわけで誕生日記念に勇気を振り絞ってカフェなんかに入ってみたりなんかしましたヽ(;▽;)ノ




まずは店員さんが持ってきてくれた水を…飲まずに^^;持参したヤギチチを飲み干す!





ヤギチチ飲んだ後、テーブルの下でまったり伏せているー!!


今までの経験上、初めての場所ではソワソワと落ち着かないのに、

お水とメニューを持ってきた店員さんにも吠えず…余程お疲れなのか?

…とホッとしたのも束の間、次に入ってきた瞬間(さっきと同じ店員さん)、

ホエッホエ~で、店員さん、驚かせてごめんなさい(*_ _)


でも。

ガッカリとかしてなくて、やっぱりいつものぶん太だった~と内心ニヤついてしまった(○゚∀゚)


そして、特別ゲストさんにお茶しませんか?とメールしてみると、

こんな急なお誘いにも関わらず、来てくださるというお返事が♫



ぶん太が好きな人だから吠えないことはわかっていたけど、

きっとテラスに入ってきた時は相手が誰であろうと吠えると予測。

おねえさんが来た時に入口で待っててもらい、

こちらがテラスを出て迎え、一緒にテラスに入り直す作戦にした。成功。

おねえさんと喋っている間、おねえさんの食べるケーキをクレクレとキャンキャン訴えてましたがスルー。




お久しぶりです~♪

アゴを乗せてご挨拶しているおねえさんはカエデさんでした~((・´∀`・))♪

2年ぶりくらいに会ったかな?



テラスには後からもう一組お客さんも来て、

ぶん太はそのお客さんが動いたり、出入りする店員さんにイチイチスイッチが入り、

歩道を歩く一般の人にも文句を言いたげだったけど^^;

カエデさんも一緒に「ぶん太くん、イイコね~」って声かけてくれて、

そのうちぶん太は私に抱っこされながらウトウトしてたとか…




常にカエデさんの左足に体を乗せて安心感を得ているようでした~♪


(この写真だと、まるでカエデさんがぶん太を踏んでいるかのように見えるけど^^;)





お茶した後、お店の周りを散歩~


嬉しそうにカエデさんを見上げながら歩いてました♪





一周してくると、またテラスに戻ろうとしてる…(○゚∀゚)


そんなに居心地よかったなら、また来ようね!!

カエデさん、急なお誘いにも関わらず、会いに来てくださりありがとうございました♪( ´▽`)


********


帰宅後、パンケーキを焼いたけど、昼間の充実感からグッスリ~

まったく起きる気配がないので明日にしようかな~と思ったら、

日付が変わる頃にムックリ起きてきて、真夜中にガッツリとケーキを↓↓↓



イチゴで「9」って書いてリンゴをサンド、ヨーグルトソースをかけて~


「ブ」って書いたのも作って(笑)、翌日のオヤツに。


ぶん太と腕枕~(o´∪`o)


年をとるといろんなことがあると思うけど、

きっと大丈夫、乗り越えていけるさ~

9歳の年も毎日楽しく笑って過ごせますようにヽ(〃´∀`〃)ノ

ぶん太8歳になりました♪
4月23日はぶん太の誕生日…

前日22日はぶんちちの誕生日で、毎年22日に合同でお祝い♪



ぶん太、8歳の誕生日おめでとう☆

今年はスナップエンドウで漢字の「八」を表してみた(笑)




オレサマには祝いの品がないのか(♯`∧´)




あるよ!「鴨」だよ!

ちなみにこれ、二羽目…ぶん太のお気に入り♪

**********

最近、休日はカメラを携えて花を撮りながらのんびり朝んぽ。

花を接写してる間、ぶん太は葉っぱをハムハムしたり、ウロウロしたり…



こんな風に待っててくれたり♪




「この辺でオスワリすればいいんだべ?」

…と、花の前に来ると座るようになった(笑)

花を背にして、こっち向いてくれませんかね?…とクスクス笑ってたらちょっとだけこっち向いてくれた(^_^*)

**********

今年に入ってから、拾い食いオンパレードのドツボにハマり( ̄▽ ̄)、食うか食われるかのギラギラムードな散歩、そんなギラギラ真っ最中にラップを大量に食べちゃった事件簿とかいろいろやらかしまして( ̄▽ ̄)…

…拾い食い防止策として「名前を呼んで"無条件に"オヤツ」しながら散歩してたけど…

歩いてる間中、ずーっとずーっと名前を呼び続けてオヤツ…文字通り名前を呼んじゃーオヤツ‼︎してたけど…

お互いに「ギラギラした空気感」は相変わらずで。

なんでだ??

はい、飼い主やっと気がつきました…
それは、"無条件に"オヤツをあげてたつもりが、

「拾い食いさせないため、という"条件つき"の"無条件にオヤツ"」だったから…( ̄▽ ̄)

名前を呼んでオヤツ、の意味をようやく理解した(はず‼︎)飼い主です_| ̄|○

(アズアズさん、気がつかせてくれてありがとうヽ(´o`;)

もう今じゃ、拾い食いさせないとか、ぶん太にこうして欲しい、あーして欲しいとか一切なしに、「ぶん太、かわいいね♪」って気持ちでオヤツ、です(*^^*)



「ぶ」…と言っただけでアテンションしてくるようになり(オナラじゃないよ)、

私の顔を見上げて歩くことが多くなって、「かわいいですねぇ」と知らない人から声をかけられることが多くなりました。

拾い食いも…全くしなくなった、ということはないですけど^^;
少なくとも、事件簿に載るような事件は起きていません!

ぶん太の拾い食い物語の続編を楽しみに待ってた方ー!
期待を裏切ってすみません(笑)

**********

そして。

最近、ようやくぶん太のシグナルが読めるようになって気がついたのが、

今までは知らない人に話しかけられたりなんかーしたら、まずはひと吠えし、コイツ何者だ!とニオイを嗅ぎに(確認しに)行かずにはいられなかったのが…

顔をプイっと背けて座ってるか、伏せるようになった!(ことに私がやっと気がついた^^;)



こんな風に指を差されたり、
おいでー♪と、両手を広げて来る人にも顔を背けてプイっ!ができるように♫

(左がじーじ、指差しオジサンは初めましての人)

**********

そして先日、アズアズさんちのルークさんと、あけみさんちのガクちんとお花見散歩をして、

ルークさんの一張羅「袴」をお借りして桜の下で撮影してもらったのがこちら…



見返りぶん太(*^^*)




素敵な柄でしょー‼︎
ルークさん、貸してくれてありがとう♪
アズアズさん、撮影ありがとう♪♪♪




芝桜と柴ぶん太を撮る( ̄▽ ̄)

**********

そして昨日は、もう産休に入ったはずの大好きな女医さんがまだ病院にいらっしゃるということで、フィラリア検査に行き、終わった後でオヤツを!



最近、診察台に上がるとブルブル震えながら下に飛び降りようとするので保定が大変に…

昨日は血を抜く間、私が頭側を、看護士さんが後脚側を二人で保定。

ぶん太さん、がんばった!!

**********

地震や雷も怖くなってきたし、

最近はオシッコが近くなって夜中の3時台に行きたくなっちゃう。

なので11時頃にお庭チッコ。
朝までグッスリ眠れるようになった♪

階段も踏み外すことが多くなったり、

走りっこしても、ぶん太の方が絶対に速かったのが、最近は私の後ろを走ることも多くなり、

まつげも白くなってきた…

こうやって少しずつ歳をとっていくんだね。



でも、歳をとるのも悪くないね♪
これからも、どうぞよろしくね♪( ´▽`)

(7歳最後の朝んぽにて♪)













大好きな女医さんから新しい女医さんに♪
ご無沙汰しています♪
珍しくブログを書いてみたりして。
iPhoneから投稿しています。

お騒がせいたしましたぶん太くんの拾い食い物語、秘かに続編を楽しみにしてる人もいるみたいですけど(笑)

ギョーザ食べたり、長~いラップ食べたり…次は何を食べてくれるんだろ?って( ̄▽ ̄)

でもですね、あれ以来期待は打ち砕かれ…何も食べてない⁈

…わけがなかろうがーっ(*ºoº*)

相変わらずティッシュなどの紙類はパクっとしたりしてるのですが…

…が!!

パクっとして→ぶん太~と名前呼ばれて→ハッとしてペッと口から出す!

が、できるようになってきています!!

んまぁ、できる時とできない時とがあり(^^;;、それにペッと出せるのは紙類限定、食べ物ならまず出せませんが。

それでも、確実にいい方向へ向かってるような手応えは感じています♪

拾い食いに関してはまた次回に…(次回の更新があるのか⁈)ということで。

ぶん太くんの拾い食い物語続編なるか、または物語完結か、乞うご期待(((o(*゚▽゚*)o)))


ラップが排出された後の疾走っぷり~♪

**********

で。今朝。

拾い食い事件簿の時に借りたレントゲン写真を病院に返しに行かなきゃいけないのと、

耳掃除をそろそろしに行かなきゃなぁ~と思って、布団の中に潜りながらiPhoneで動物病院の勤務表を調べていたら…

ぶん太くんの大好きな女医さんが、来月中旬から産休に入りますって書いてあるーーー(゚o゚;;

よ、喜ばしいことなのですが、ぶん太くん、来月からどなたに診察してもらえばいいかしらー?!と思ったら、思わず布団の中でエーッ!!と叫んでいた。

(それに結婚したことも知らなかった…旧姓でお仕事されてたんですね)

獣医さんが5人いて、事前に勤務表をチェックし、好きな女医さんA先生がいる日に行っています。緊急時に駆け込む時は調べてる場合じゃないですが。

今日は勤務日だということで、空いていそうな夜の診察を狙って行ってきました。

それでも何組かのワンコ、ニャンコが待っていました。混んでいる間は私の膝の上で抱っこで待ち、空いてきたら下に降りたりして。

すると、中で診察されているワンコさんのクォ~ン‼︎という鳴き声が聞こえてきました。ぶん太はそれには反応なし。病院内では、他の仔が鳴こうが吠えようが反応して吠えることがほとんどないのです。

道でのすれ違いざまには吠えることはあっても、狭い病院の待合室で吠えないのは、「俺も怖いのさ~おまえも頑張れよ~」って、応援してるかのような。

でも、その鳴いてたワンコさん(たぶんポメラニアン)、診察室から出てくると、飼い主さんに抱かれた状態でパニック吠え。パニック状態で首輪とリードをつけられ(診察室でつけてきた方が安全だよねぇ…他のワンコもいるのにね。ま、それはおいといて)、今にも飼い主さんの腕から落っこちそうになりながら吠え続けている。

まさにパニック状態。

それを見聞きしてたぶん太、その仔に向かって激吠えー!!そのパニックぶりに自分も怖くなってしまった様子。

最初は、「うるせぇな、このヤロー!!」とか…あ、言葉遣いが乱暴ですが、そんな感じで吠えているのかと思ってた。その後、その仔の姿が見えなくなって落ち着いたものの、自分が診察室に呼ばれた後のぶん太の落ち着きない様子で、「ぶん太も怖かった」んだな、ということがわかりました。

**********

診察室に呼ばれて、まずは先日の拾い食い事件簿でお世話になったお礼をm(._.)m

そして…お祝いの言葉を♪( ´▽`)

先日の拾い食い事件簿時には全くわからなかったけど、大きくなったお腹を見せてもらうと、ホントだー、すでにポッコリ膨らんでる!

それなのに、この身重でレントゲン撮影と点滴のために2回も10kg超のぶん太を抱っこしてくださりありがとうございました(>_<)

そんなこんなで先生と話していると、ぶん太さん、診察室のドアに向かって吠え始めました。「ここから出してください!!」と。

始めは「今日はレントゲン撮らないから大丈夫だよ~」なんて言ってたんですが、なんかいつもと様子が違う。

普段も、診察室から出ようとソワソワしたり、ドアを鼻でツンツンしたりすることはあるのですが、なんかやっぱり違う。

目をひん剥いて吠え続けてたんです。
助けてー!って言ってるような。
顔つきがいっぱいいっぱい。

その様子と、先ほどの待合室での吠え声を先生も聞いてたようで、今日は診察やめておきましょうか、と。

耳掃除。そんなの今日絶対にやらないと命に別条があるわけでなし。

ケガなど急を要する容態なら、そんなことも言ってられないでしょう。けれど、今日はとにかく何もせず、私が持ってたオヤツのスモークチーズを先生からぶん太にあげてもらいました。

ちゃんとオヤツ食べれたよ、よかったよかった(*^^*)

先生の膝におちょうだいする時は、キャンキャン!と甲高い鳴き声で(^^;;

食べ終わると、それより低い声で「食べ逃げでスマンが、今日は帰らせていただくー!!」と申しておりました。

先生も無理せず最後まで触らないで、ただオヤツをあげて終了にしてくれました。診察代もいらないって。すみません(._.)


今夜はなんだかカメラを向ける気になれないので数日前のグッスリぶん太。今夜はお疲れの様子ですでにケージで寝ています…

**********

ぶん太のことをわかってくださっているこの女医さん、私がどうしたいのか意見も聞いてくれる。質問にも一つ一つ丁寧に答えてくれるし、信頼のおける先生。しばらくいないのは心細いけど、もう一人の女医さんに引き継いでもらえることに。

若い女性が好きだということは前々からわかっていたので、男性の獣医さんではなく女医さんにしました(*^^*)

A先生ともう一人の女医さんが同じ勤務日に診察に行き、引き継ぎと慣らしを。

いきなり診察までできるのか、それとも今日みたいにオヤツ食べて終了になるのかはその日の、その時のぶん太の様子を見て決めることになるでしょう。

ぶん太がパピーの時からお世話になってる先生、いつ戻ってこられるかわからないけど戻ってきます!というお返事をいただいたので、また会える日まで遊びに行っとこ♪そんな気持ちであと一ヶ月慣らしに通います( ´ ▽ ` )ノ
Copyright © ぶん太@黒柴. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。